スピリチュアルマジック

死後の世界にある霊・スピリット

おそらくスピリチュアルというテーマであれば、いや、そうでなくとも人間の最も身近にある精神・霊の世界が自分自身の死後の世界でしょう。これは、恐れや戸惑いも当然あるでしょう。なぜなら、真実は誰もしらないからです。まして、知っ… もっと読む 死後の世界にある霊・スピリット

アートの癒しパワー

精神世界に生きたジョージハリスン

 スピリチュアルな世界で生きるということは、心が強くなるという例が多くあります。まずは、スピリチュアルワールドで人生が落ち着きを見せる人の例をご紹介します。だれもが良く知るビートルズのメンバーだったジョージハリスンの一生… もっと読む 精神世界に生きたジョージハリスン

アートの癒しパワー

ベートーベンピアノソナタ悲愴第2楽章の恍惚

 クラシックを演奏するにあたっては、「コピーする」という言葉は当てはまらないのだろう。もちろん、譜面で見て真似るように考えればそれはコピーなのかもしれないけれど、クラシックの演奏に関してはロックギターのコピーなどとは異な… もっと読む ベートーベンピアノソナタ悲愴第2楽章の恍惚

アートの癒しパワー

モーツアルトを蘇らせてくれたピアニスト・グルダ

モーツアルトはどちらかというと明るい曲調の作品のほうが知られているし、人気があるのだろう。しかし、研究者によると、それはどうもモーツアルトが常に明るい作品を志したからではなく、当時、作曲で生計を立てていたモーツアルトが、… もっと読む モーツアルトを蘇らせてくれたピアニスト・グルダ

アートの癒しパワー

2001年宇宙の旅の宗教・映画に見る人間の未知への探究心

 映画は良く見ていたような気がする。大の映画ファンというわけではないけれど、成長の過程で映画から受けた影響はそれなりに大きかったと思う。僕が、最初に「立てなくなった映画」、つまり上映終了後に動けないほど衝撃を受けた映画は… もっと読む 2001年宇宙の旅の宗教・映画に見る人間の未知への探究心

アートの癒しパワー

「ジョンの魂」を聴くときは、魂でしか聴けない

 評論的な外野の話が何にも意味を持たないアーチストという存在、言葉で語る意味が全くないアーチストがいる。その、筆頭はジョンレノン。そして、その代表的な作品が「ジョンの魂」。 さすがに、ビートルズファンの僕に対しても(いや… もっと読む 「ジョンの魂」を聴くときは、魂でしか聴けない

アートの癒しパワー

スメタナのモルダウを知ったときの感慨

 かつて、カナダに旅したとき小さなベッド&ブレックファーストに宿泊した。宿は、移民の国・カナダを物語るようにチェコからのご夫婦が活気にあふれて切り盛りしていた。活気あふれる、とは言っても、そのときは11月になっていて、カ… もっと読む スメタナのモルダウを知ったときの感慨