日本人の心と癒し, 癒す毎日

相撲の心は消え去り、癒されることもない

相撲のゴタゴタが続いている。

貴乃花の失態も見るに耐えないけれど、貴乃花の問題と協会の隠蔽体質の問題は別のものとして律されるべきなのだろう。でも、貴乃花がガタガタになって、これで協会は逃げ道ができたようなので、結局全部うやむやに葬りさられていくんだろう。

相撲を見ていると日本人の心がどんどん失われていくのを感じる。国技であって、日本人が国を背負って神事として行っていると思っていたけれど、このところの相撲模様はすでに精神的な純粋性を完全に失っている。それどころか、外国人の暴力的な流儀まで見え隠れして神事じゃなくて格闘技になった感じすらある。

正直なところ、もう相撲を見る気はなくなったし、おそらくもう自分としては興味は戻らない。なぜなら、日本の相撲を、日本の心が通った相撲を見たいとは思うけれど、国技・神事の意味をなくした相撲にはもう興味はないからだ。

相撲にはなにか日本人の心が見え隠れして、それがどこかしら癒しのような感覚すらあった。日本人として落ち着きを感じていたのだろう。

もう、相撲から日本の心を感じることもなくなったし、癒されることもなくなった。